痩身エステは勧誘される?勧誘された時の対処法

痩身エステはしつこい勧誘がある、というイメージを持つ女性は多くいます。法律の制定により悪質な勧誘は減ったものの、サロンに通うと必ずコース契約の勧誘は受けるものです。

実際にどう勧誘されるのか、勧誘された時にどう対処すればいいのかをまとめました!

痩身エステの勧誘は実際どんな感じ?

痩身エステに行った人に勧誘の体験談を聞く、というのは非常に難しいもの。お金が絡んでいますし、痩身エステに通っているということを周囲にカミングアウトしたくないという風潮があるためです。

実際に勧誘を受けるとエステティシャンにどのような営業をされるのでしょうか?

悩みを改善するために必要なコースを説明される

勧誘とは顧客の悩みを改善するために行うものです。例えば「昔着ていた7号サイズのスカートをはけるようにしたい」という目標を持っていれば、ウエストラインを引き締めるためのマシンやハンドトリートメントがどのくらい必要か説明されます。

むやみやたらと色々なコースを勧められる訳ではなく、エステティシャンとの会話の中で語った悩みを解決できる施術を案内されるのです。

サロンによってしつこさは違う

「エステの勧誘=しつこい」というイメージが世間的に定着していますが、実はそうではありません。サロンによってしつこさが違うのが実情です。

企業全体で悪質な勧誘をしないよう指導を徹底している優良サロンも数多く存在します。しかし一方で、一部中小企業でしつこい勧誘が続いているのも事実です。

大手企業はブランドイメージを下げないために悪質な勧誘を避ける傾向にあります。ホームページに「無理な勧誘はしません」と公言している企業もありますので、行きたい痩身サロンがあれば事前にチェックしましょう。

悪質な勧誘をしないサロンかどうかは、「JEO認証」を受けているかどうかでも判断できます。消費者との間で適正な取引・契約を行っている優良サロンしか認定を受けられないので、ひとつの判断基準として覚えておきましょう。

特に中小企業の痩身エステサロンに足を運ぶ場合はJEO認証を受けているかチェックすると安心です。全国で認証を受けているサロンは、以下のリンクから確認することができます。

参考:特定非営利活動法人 日本エステティック機構ホームページ

コース提案だけされて、全く勧誘がない場合もある

企業によっては「判断は完全にお客様にゆだねる」としているところもあり、全く勧誘が無い場合も存在します。口コミなどをチェックしてカウンセリングのイメージを大まかにつかんでおきましょう。

「ある程度エステティシャンのプッシュがないと、優柔不断だから決められない…」と思う方は、程よい勧誘のある痩身エステに行ってみてください。

かけられる予算をあらかじめ決めておき、絶対にそれ以上は出費しない!と決めておけば勧誘のあるサロンに行っても大丈夫です。

痩身エステのエステティシャンが慣れている断り文句

痩身エステでの勧誘があり、断ってもエステティシャンに上手く切り返されてしまう場合があります。契約を断る場面で使わない方がいい言葉を学んでおきましょう。

予算がない

お金がないと言えばさすがに大丈夫だろう…と考えていませんか?実はこれ、エステティシャンが慣れている断り文句です。

悩みを解決するために施術体験を受ける顧客は、ある程度契約できる予算があるから来ているということをしっかり分かっています。「では、どれくらいの予算までなら組めそうですか?」と切り返す隙を与えてしまう断り文句ですので注意しましょう。

家族の許可が必要

これも有効な断り文句と考えている方が多いのですが、営業が上手いエステティシャンにかかれば逆にチャンスです。「では、次までにご家族に聞いてみてくださいね。私も一生懸命○○様のためになるようなお手入れを考えます!」と断りにくい雰囲気を作られてしまいます。

勧誘をかわす裏技!

エステティシャンの勧誘をさらっとかわしたい。誰でもそう考えるのが普通です。せっかく相性のいいサロンやエステティシャンを見つけても、勧誘を断って気まずくなると楽しく通えなくなってしまいます。

どうすればスマートに勧誘をかわせるのか、エステティシャン直伝の方法をこっそり教えましょう。

痩身エステは月初に行く

あまり一般的な方法として知られていませんが、月初に痩身エステに行くとしつこい勧誘を回避することができるのをご存知ですか?企業によって違いはありますが、大抵のサロンは月ごとの予算を決めてそれに準じて契約を取っています。

月末は達成できていない金額を埋め合わせようと、しつこい勧誘をしている可能性があるのです。月初はエステティシャンの気持ちに余裕があるため、切羽詰った契約を押し付けてくることはあまりありません。

「今すぐに決められません」が正しい断り方

不要な勧誘を受けた場合はきちんと断ることが必要です。ここで言いたいのが「今すぐに決められません」というもの。ポイントは「どうして決められないんですか?」と切り返されても理由を話さないことです!

「どうしても決められません」と理由を言わない態度を示せば、それ以上エステティシャンは追及できません。下手に理由を話すとそこから切り崩しにかかりますので、毅然とした態度で断りましょう。

「似たもの、昨日買っちゃいました…」で商品はかわそう

痩身エステではコースのみではなく商品の勧誘を受けることもあります。その場合は「似たもの買っちゃいました(持っています)」が効果抜群です!

顧客のことを思うサロンなら、必要ないものをしつこく勧めることはありません。似たものを持っているにも関わらず勧誘を続ける場合は、質の悪いサロンと判断しましょう。

ピンチなら「この後予定があるんです」で断る

どうしても契約をかわせない!という場合は「時間が無いんです、この後予定があって」と話お店を出ましょう。一番いいのはその場から立ち去ることです。

次の予約をしていないから、何とか契約をかわして予約を取って帰ろう。こう思わなくて大丈夫です。予約は後から電話で取れますし、無駄な契約をしてしまうよりさっと帰った方が100倍マシです。

痩身エステで押し切られて契約、後悔。どうすれば?

もし、しつこい勧誘を受けて契約してしまった場合はどう対処できるのでしょうか?「やっぱりやめておけば…」という気持ちをそのままにせず、クーリングオフをしましょう!

クーリングオフ制度を利用しよう

クーリングオフ制度とは、ある一定の条件を満たした場合に契約を解除できる制度です。エステティックサロンで交わした契約のうち、以下の条件を満たしていると書面で契約解除が可能です。

  • 契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1ヶ月を超えるもの
  • 法定の契約書面が交付されてから8日以内のもの

もし契約をなかったことにしたいのであれば、迷わずにクーリングオフを利用してください。8日間という期間の制限がありますので後回しにせず、すみやかに行いましょう。

解約を断られたら、本社へ相談

クーリングオフは基本的に口頭ではなく、書面で契約サロンに通知する必要があります。サロン側にこれを拒否する選択肢はないのですが、もし「解約されるのでしたら一度考え直しませんか?」という持ちかけがあれば本社へ相談しましょう。

クーリングオフの注意点

クーリングオフは、上記の通り「契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1カ月を超えるもの」とあります。契約金額が5万円に至らないと利用できませんので注意しましょう。

契約期間が1カ月を超えないサロンのコースはまれですが、念のため契約の際確認するようにしてください。

まとめ

痩身エステに通う上で避けられない契約の勧誘。必要なコースが予算内で組めるのなら契約をしてもいいのですが、不要な施術を無理して受ける必要はありません。

エステティシャンの言葉巧みな営業に惑わされないためにも、知識を身につけてサロンへ足を運びましょう。一番大切なのは自分がどうしたいか、という意思です。

経済面で無理をしてもいいことはひとつもありませんから、必要なコースだけを選択して契約する心構えを持って痩身エステへ行きましょう!

痩せるエステ 口コミ一覧