痩身エステを契約する時の注意点!

いつまでも美しいプロポーションを保ちたいと考える女性は少なくありません。しかし、年齢を重ねると代謝が落ち、太りやすくなります。ダイエットブームによって自宅でダイエットを行っている人が増えていますが、自宅でのダイエットは誘惑も多いため、継続できずに挫折する人もいます。
最近は、痩身エステを受けるためにエステサロンに通う女性が多くなっています。エステサロンでは、研修を受けたプロのエステティシャンが効率良く施術を行うので、短期間での効果も期待できます。ただ、エステサロンの中には、コース料金の支払いや勧誘でトラブルが多い店もあるので注意が必要です。
若い人の中には、深く考えず、契約書をしっかりと確認しないで契約を結ぶ人もいて、後で大きなトラブルに発展するケースもあります。
日本は、他の国と比べてもサービスが良く優良なエステサロンが多い国です。しかし、中には何度も問題を起こすような店もあります。
ですから、書類にはすみずみまで目を通すことが大切なのです。
エステサロンで勧誘されて、仕方なく契約してしまった場合でも、クーリングオフ制度を利用すれば解約できます。
クーリングオフは、契約をしても一定の期間内であれば無条件で契約を解除できる制度です。クーリングオフの適用には、2つの条件を満たす必要があります。クーリングオフが成立した場合は、支払った代金が全額返金されます。損害賠償や違約金を支払う必要もありません。
クーリングオフをしたい場合は、エステサロンに契約解除の通知を郵送すればいいだけです。信販会社と契約している場合は、信販会社にも同じように通知を郵送します。
中途解約の場合は、クーリングオフ制度とは違って、すでに受けたサービスや使った物については消費者側に支払い義務が生じます。
中途解約を申し込んで断られた場合でも、一方的な契約だと認められた場合は、中途解約の対象となります。解約手続きで不安な点がある場合は、最寄りの消費者センターに相談することもできます。

痩身エステ 口コミ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です